砂漠の宴と星空とラクダと


インド予想外にエナジードリンクが若干安い。モンスター100ルピー(174円)

でもコーラとか30ルピーだからそう考えると高いよね。

ランキング、実は見てる方々が全員毎日押してくれたらTop10に入れます。笑

俺くらい別にいいっしょと言わずに是非クリック!

〈スポンサードリンク〉

サハラ砂漠にきております。(前回記事→サハラ砂漠!ベースキャンプを目指す

砂漠の中にテントが連なってるベースキャンプがありまして内側から見るとこんな感じで円形に部屋があります。

DSC05718

さて前回の記事では夜にいくまでの事を書きました、ので夜編です!

まずは夕飯!ベルベル人の人がタジン鍋を振る舞ってくれます。

DSC05678

味は…うん、もう少し濃い方が良かったかな。

DSC05676

この砂漠ツアーは僕以外に8人いるんですが、ここで問題が…

出身どこですか?

カップル1「ギリシャよ」

カップル2「ドイツよ」

カップル3「ドイツだよ」

老夫婦「ドイツですよ」

 

ドイツ6対ギリシャ2対日本1

世の中多い奴が勝ちです。コミュニケーションが自然にドイツ語に。。

 

いやいやいやわからねーーーから!英語でもわかんないのに!

べるべる人交えて話す時だけ英語であとはほとんどドイツ語。しかもギリシャカポーも若干ドイツ語わかるっていう完全アウェイ。

でも老夫婦のおばちゃんと少し英語で話せた。日本人はもの凄く働くんでしょ?って質問には良く答えられた気がする。笑 というか自分の過去の状況話したらありえないと唖然としてた。まぁそうだよな。笑

彼女はアーティストで売れないときは収入はゼロよって笑ってたけど、それでもモロッコまで旅行して楽しんで生活できてるんだから羨ましい。

飯を食ったらたき火を囲んで楽器を鳴らして民族音楽を楽しみます。そのうち楽器をわたされ俺も太鼓叩いたw

DSC05697

うん、音楽をやってるときは良かった。そのあと始まったのが…

なぞなぞ大会 (英語)

 

英語がおぼろげな自分にとって英語でなぞなぞ何てモノは地獄でしかないわけで、、

まず質問を理解して、さらにそこから答えを考え、更にそこから答えを英語で説明しなければいけないなんてさ…できるわけないだろうが!!(できたら2年の英語必修を4年で履修したりしない)

各々ちょいちょい正解してく中で案の定0。

どうしたジャパン!見たいな事言われたってわかんないんだよ!!ってか国名で呼ぶな!情けなくなるだろ!

 

超考えてるフリとかしてるけど全くわからないまま苦笑いでやり過ごし

宴はお開きに。

 

そのあと自分はやりたかった砂漠の星空撮影に取りかかりました。

3脚を準備してポイントを探して…撮れたのが…これ!

DSC05661

 

そしてラクダも一緒に!(30秒シャッターあけっぱなしだから動かないラクダ見つけるのに苦労しました。笑)

DSC05670web

 

ラクダ複数

DSC05705

 

星空撮影をしてると他の人達が寄ってきて

amazing!!

各々なんて驚いてくれたので少しはさっきの醜態を回復できたか。笑

そのあとは数時間ねて朝の撮影!朝日綺麗だったなー。

DSC05740 DSC05731

 

砂丘も本当に鮮やか

DSC05762 DSC05758

 

DSC05750

 

撮影に夢中になってると意外と早く出発の時間に。急いで荷物をまとめて出発!と思いきややる気ないけど大丈夫?笑DSC05777

なんとかスタート

DSC05797

やはり帰りは疲れもあるのか行きの元気もなく皆静かにラクダに揺られて帰りました。笑

砂漠のホテルについてラクダ達も仕事終わり。お疲れ様です。

DSC05815

 

その後、少しホテルで休んで車でメルズーカの街に戻りました。

この砂漠のツアーは想像以上に楽しかった!!

砂漠があんなに綺麗なものとは思ってなかったし、ラクダに乗って砂漠を移動っていうのも小さい頃から憧れてたけど、まさか自分が乗れる事になるとは思ってなかったので感動だったなぁ

ウユニ塩湖がこの旅の始めでもはやこれを超える感動はこの旅に存在するのかなぁとか思ったけど不要な心配だったかも。

それくらい朝焼けの砂丘は美しかったし、星空も綺麗でした。

ヨーロッパでガクンと落ちてた旅のテンションがモロッコで大分癒された気がします。

 

なんて思いながら向かうマラケシュでまさかあんな事があるとは。。

波乱のマラケシュ。お楽しみに。

〈スポンサードリンク〉


2014-05-04 | Posted in モロッコ, 世界一周No Comments » 

関連記事

Comment





Comment