住居更新で契約を見直したら約3万円削減できた話


a0001_000413_m

住居の更新費てなんであるんでしょう。

コレがあるためにわざわざ引っ越しを考えざる得ないし、

そうすると大家にしてみても空き家になるリスクがあるってのに何故支払うシステムがあるのか到底理解できなあぁぁぁぁい!!

なんていうてもあるもんはあるんだから仕方ないですね。

しかし!!!

今回更新費払うのが嫌すぎて調べてたら色々勉強になったことがあったので

自分のように知らない人がいたら是非役立てて欲しいです。

※上の写真は僕の家の写真ではないです。あしからず。


火災保険は自分で選んだほうが圧倒的に得

これは更新時に限らずもはや住居の契約の時にも知っとくと得だと思うんですが、賃貸で部屋を借りる時って火災保険入らなきゃいけないですよね。(この時点でえ?知らないけどって人もちゃんと入ってます。契約書確認しましょう。)まぁ色々タイプが有ると思うんですが大抵不動産屋からススメられたのにそのまま加入してませんか?

愚かなことに自分自身もなんの疑いもなく入ってました。。(2年で21000円…)

決してススメられた物が悪いってわけじゃないんですが、あれってとりあえず賃貸する人はコレ入っとけ的なものであって、全部保険内容的にはフォローしてるんですが必要ない物があったり、個々人の状況に沿っているとは言いがたい物なんですよね。それと実は契約とった分不動産屋に手数料が入るのです。なので当然余分なお金を払うことになってます。

家の契約と火災保険はセットということはなく、自分で契約するからいいですと言えば全く問題なくできます。(契約後に証明証等を不動産屋に提示すればOK)

というわけで早速どんなものがあるか検索!

賃貸用火災保険ランキング

ここにあるのをじっくり読んで、今まで入っていたのと内容を見比べた結果、僕は1位に入ってる日新火災の「お部屋を借りる時の保険」に決定。

家財の見積もりをした所、まー大したもんもないので200万を選んだ保険金額は…

年間5000円!

ってことは2年で1万円、今まで払ってたものの半額です。やっすい。

しかも今までと保険内容は全く変わりません。いやー勿体無いことしてた。。

こんなに違うなんて思いもしなかったのでびっくり。そしてもしコレをみて自分もそうかも!と思った人は火災保険は大抵中途解約出来て、差額返金もあるとのことなのでしっかり契約書を再読して見なおしてみましょう

更新は家賃引き下げのチャンス

更新費払いたくねーという願望が溢れすぎてある時

「更新費 払いたくない」

で検索したらこんな記事を見つけました。

家賃の「契約更新料」はタダになる!?

賃貸住宅の更新料は払わなくてよい?家賃引き下げる絶好の機会?その具体的交渉法とは

衝撃を受けました。笑 そんなんありか!的な。

要するに何かしらの明確な理由により家賃交渉をもちかけて、お互い合意に持ち込めなかったら法定更新という方法で自動的に更新が完了され、更新費を支払う必要がないということ。

こ、これはやってみる価値はあるのでは…

今住んでるとこにはほとんど文句はないんですが、どうしても気になるレベルの理由は一個あったのでそれを理由に『法定更新による更新費の削減』or『家賃の引き下げ』にチャレンジしてみました!

1.とりあえず不動産屋に理由を説明して家賃の引き下げの希望を要請(多めに見積もって5000円の引き下げを希望)

2.不動産屋とオーナー間で話し合いの結果それは無理だと言われる。

3.更新期限まで放置

4.不動産屋から更新費の振り込みに関しての電話がかかってきたタイミングで合意しかねるので法定更新で考えてる旨を伝える。(とても向こうの声のトーンが下がる)

5.後日再度連絡が来て家賃の1000円引き下げの提案を出される。

っという流れに結果的にはなりました。僕としてはチャレンジして無理だったら仕方ないかぐらいのテンションだったのでこれで良しとしました。あまりそこにエネルギー使うのも違うかなと思ったし。

この法定更新に関する更新費不払いに関しては裁判の前例的には現状分かれている状況でどっちが有利とも言えず、不動産屋にしてみれば裁判や揉め事なんてめんどくさいことは避けたいわけで、そのために最低限引き下がった感じがしましたね。

というわけで結果的に僕は若干ですが引き下げ交渉には成功ということで決着しました。興味がある人はやってみてもいいんじゃないでしょうか?


さて以上の二つで実際いくら引き下げられたのかというと…

火災保険の見直し:21000円→10000円(2年で-10000円)

更新時の家賃交渉:月々1000円引き下げ(2年で-24000円)

というわけで34000円の節約に成功したわけです。

( 余談ですが別に更新費になぜか勝手に含まれていた、加入すると対象店舗の割引や優待制度が受けれたり住居の水漏れ鍵の紛失などの補償サービスも拒否したので-19000円も一応削減。契約書は本当じっくり確認したほうがいいです。)

今回感じたのは本当無意識に損してる部分てあるんだなーって思いました。契約ってほんと複雑で分かりズラいイメージがあるので勧める側の言った通りにしがちですが、それってほんともったいないことになるんだなと実感。日々忙しいけどやはり契約ってのはキチンと把握して適切にしたいもんですね。


2014-11-09 | Posted in 節約No Comments » 

関連記事

Comment





Comment