華の都パリにさえない男が ※宿情報有り


ダイビングも終わったのでひたすら一日中ブログを書いています。

といってもまだ今日これ含めて二つしか書けてないけどw

一つ気づいた事があって、リアルタイムとブログは約1ヶ月の開きがあるんですけど

ビックリする程しっかり覚えてるんですよね。

どこ行った時に何食って何が起こって何を思ったのか。1ヶ月も前の事を。

日本に居た時なんて一ヶ月前どころか2週間前、1週間前の記憶すらほとんど覚えてなかったのに。

本当に仕事ばっかで机の上の景色しかなかったからかなー。

今回が生まれて初めての海外旅行でやっと旅慣れもしてきたけど、それでも毎日の刺激量ってのは日本に居た時より、ものすごいあるんだなって改めて感じました。

結構心が折れるようなトラブルとかもあるけど本当に旅に出て良かったです。楽しい。

〈スポンサードリンク〉

ナポリ国際に到着。なんか今回は聞いた事のない航空会社で(transabia?)大丈夫かいなと不安ながらチェックイン。

やったらデザインがポップだった。飛行機も。(写真なくてすいません)

問題なくチェックインをすましていつも通り手荷物検査へ

別に毎度引っかからなかったし今回も何もないと思っていた

が!

 

検査官「これはなに(Goproに装着してた伸縮できるポール)」

E「カメラポールです。」

検「これ禁止されてるのよ。もし持っていきたいのならこの手荷物バッグごとチェックインカウンターで預けるしかないわ」

いやいやいやいやいや、あのアメリカですらノータッチだったけど

というかgoodとか言ってカメラ褒めてくれたけどね。

いやーこいつないわーー何度言ってもダメの一点張り。バッグ預けると追加料金とられる上に扱い雑だから機械類が入ってるこのバッグは絶対に預けたくない。

南米でいらない航空券買わされた件といい、本当に空港での女性従業員とものすごく相性が悪い。

泣く泣くポールを差し出し搭乗。。

 

これでGoproはピンマイクもさせず(ミラノで壊れたまま、扱ってる店舗がない)カメラポールで周囲を撮る事も出来なくなってしまいました…

映像撮るモチベーションがだだ下がる。

ただ次の宿は日本人宿。日本語がわかるオーナーなので事前に連絡して実はフランスのAmazonでローマで失くしたと思っていた(実際はあったので無駄金)コンセントの変換プラグと、goproのマイク端子を注文してもらっていた。ポールももしかしたら着いてから注文すればすぐ届くかもしれない。

ナポリからパリのオルリー空港までは割とすぐ。14時に出て17時前には到着。

宿はこっから結構遠い。オルリーがパリの南側にあるんだけど宿は北側。

まず空港から地下鉄に接続する電車(busて書いてあったけどどう見ても電車)に乗る

券売機の操作がまさかのジョグダイヤル。ソニーのガラケーが思い出されます。

DSC03568

 

9ユーロという完全に足下をみた価格設定にムカつきながらも買って乗る。

しまったーパリの地下鉄の乗り方とか切符のあれこれ調べるの忘れてた。。

と気づきましたが改札で周囲を観察してなんとか宿の最寄り駅Gabriel Periに到着。

途中なんか切符の買い方教えてやるっていって買ってくれたけど後で金請求してきやがって完全に無視。というかもってたおつり無理矢理奪い取った。

パリ行く人は気をつけてね。

 

さて宿の位置はGoogleマップで印をつけておいたので余裕。のはずがどこにもない。

グーグルマップも時々ざっくりな位置示すからね。。やっちまった。

近いとこに居るはずだけど全然みつからない1時間半ぐらいは同じ通りを行ったり来たりしたんじゃないか。

店の人とかに聞くけどやっぱりざっくり。いや、通りは確実にあってるからそこからがわからん。

あたりも暗くなってきたしやばいし疲れたし腹減ったしと思って、もしかしたらパソコンならwifi感度がいいから使える電波があるかもしれないと思って開くと

宿のホームページを開いたままにしてた!!行き方がのってる!!!

…はい。3分もかからず着きました。俺は何を行ったり来たりしたのかというぐらいの距離。

 

宿に着いて飯が食える!とおもってたら(この宿は夕食・朝飯付き20ユーロという破格設定)

もう20時超えてるから今日はダメ。。今20時10分。ええええ厳しいよ!!そりゃないぜ管理人さん!

泣く泣く(本日2回目)近くのスーパーを聞くと最寄りが閉まってる!もっかい戻って別のスーパーがあるかきいたらちょっと離れたところにカルフールがあるらしい。

ダッシュで向かい、端っこにあったカップ麺とおなじみパンとジャムを買って食べました…カップ麺久々で感動。ありがとうNISSIN。笑

スクリーンショット 2014-04-11 8.35.02

さてこれから旅始まって以来のスローライフの開始です。

この日は寝て次の日の日中は一日中ネットでブログの更新や動画作成や色々してました。

Amazonでカメラポール探すも到着が…2週間後。そりゃ無理だ。。カメラ屋をパリで探すっきゃない。

そういえばと思い買ってもらっていた変換プラグとgoproのマイク端子を届いてるか聞くとあるとの事!

開くと…変換プラグが二つ。

あれ、おかしいよね。変換プラグ1つしか頼んでないし、(てかもう見つかったら既にもってる)マイク端子は?

聞いたら2つは頼んでないのでおかしい、マイク端子はなんと2週間後に届くらしい…

いやーーーーーーーそりゃああああないだろーーーーーーー

マイク端子は1ユーロと大した金額じゃないので遅すぎるし言いよと言ってもらえ、変換プラグもAmazonの手違いだから1台分のお代でいいと言われるが、

…結局なんの目的も満たせてない

 

意気消沈してると夜にライトアップを見に行かないかと大学生達が誘ってくれ、行くことに。

そうそう奇跡的に俺の大学の後輩がいたんだよね。凄い確率。

そして夜のルーブル美術館に行ってきました。

DSC03598

このピラミッドで使われてるLED照明は東芝らしいですよ。

DSC03605

その足でシャンゼリゼ通りへ!凱旋門は左側工事中ですが写真上で工事を終了させました。笑

DSC03618

夜も遅かったのでエッフェル塔は断念して宿に帰る。

そして次の日は一人でパリお金かけないツアーに行きました。もちろん基本徒歩です…

 

宿情報  

DSC03918 DSC03917 DSC03916

・ドリームハウス
最寄り駅:13番線Gabriel Peri
料金:朝食・夕食付きでドミトリー20ユーロ
wifi:下り2MB前後早くはないけど安定はしてる。
HP:ドリームハウスwebsite

朝食夕食のメニューはそんなにバリエーションはないけど白米・味噌汁とかあるし美味しいです。パリの物価を考えるとこれは本当に助かります。朝は納豆も食べれますよ。僕は参加しなかったけどモンサンミッシェルのツアーもやっていて99ユーロで夜景もゆっくり見れて大分お得なプランだと思います。立地はまあ中心からは離れてるけどコスパ考えたら全然許せる範囲でしょう。近くにカルフールがあるので買い物も心配なし!おすすめです!

〈スポンサードリンク〉


2014-04-11 | Posted in フランス, 世界一周2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 chay | 2014.04.15 23:12

うわー!
ドリームハウス、めちゃ懐かしい((*´∀`*))
バンさん、めちゃ良い人ですよね♫

 etoo1202 | 2014.04.16 0:51

バンさん良い人でしたね〜〜!パリ行く時はまた使う予定です^^

Comment





Comment