自然に喰われた遺跡。ベンメリア


ラピュタのモデルになったらしいとかいって

ラピュタみたのが昔すぎて良くわからなかった。笑

でも遺跡としては凄いので必見です。

〈スポンサードリンク〉

圧巻の景色をみれたプレアビヒア(前回記事→崖っぷちからの絶景!プレアビヒア!

そんな翌日ですが別の遺跡に行ってきます。

今回は一つだけじゃなく三つまわる予定。また朝早くから出発。

今日は車でなくトゥクトゥクで出発です。

一個目はバンテアイ・スレイ。土が真っ赤!

DSC08703

ここは非常に装飾が綺麗に残ってるけど修復したのかな?

DSC08708

ミニアンコールワット的な遺跡でした。彫刻が綺麗に残ってたなぁ

DSC08715

DSC08714

遺跡を抜けるとおっちゃん達が民族音楽っぽいのを演奏。人がいなくなったら途中でもやめて少しでも人が来るとすぐ再開します。笑 左のやつめっちゃサボってんな。笑

DSC08719

 

さてさて次行ってみましょう。お継ぎは水中神殿ことクバール・スピエン

ここ、カナーリ歩くんですよね。山道をひたすら歩きます。

DSC08728 木の発達具合がホント凄くて、ツタのようにあらゆるところに伸びまくってる。そのおかげか天然のブランコもあったり。笑

DSC08737

途中意味わからん生え方してる木を発見して皆で記念撮影。まじでどうやったらこんな風に伸びるのか。笑

10385021_483138138485607_1393297876_n

そんなこんなで時間かかりつつも神殿に到着。なんか勝手にガイド始めたおっちゃんの説明を聞きながら回ります。

DSC08739

水中神殿というとなんか海の中に丸々沈んだ神殿を考えてしまいますが、こんな感じです。様々な彫刻が川の中に沈んでたり脇に彫ってあったりします。

DSC08746

水で大分風化したとこもあるけど綺麗にのこってる部分もあります。

DSC08740

ここの先には滝があって水遊び可能!水着持参で来ましょう!足だけ浸かるだけでも気持ちいいけどね。

DSC08756

記念撮影!

968047_483138761818878_821659424_n

さて水遊びして体力が削れたところで!!本番ベンメリア遺跡突入です!笑

遺跡に向う通路で即効子供に絡まれる。他の人水奪われたりしてました。笑

DSC08770

入り口手前。完全に崩壊しきってる。

DSC08776

木とこけに浸食されまくりです。

DSC08788

珍しく崩壊を免れた通路。いやいや冒険臭がムンムンしますね。笑

DSC08789

どうやって育ったらこんな綱みたいな木ができあがるんだろ。自然って凄い

DSC08791

遺跡の上は緑一色!完全に喰われてます。

DSC08796

崩壊した石にも彫刻が残ってたり

DSC08800

自然にはかないませんね

DSC08807

この退廃とした感じが溜まりません!

DSC08815

道無き道をゆく

DSC08823

ガイドがここがラピュタラピュタと言ってたんですが。確かに一本デカめな木に遺跡が浸食されてる様はラピュタっぽいかな!?

DSC08840

 

10432380_483139868485434_1869495900_n

 

遺跡はこれで終わり!

とにかく草木の浸食と崩壊っぷりが凄まじいので冒険感がすごくてテンション上がりますww

プレアビヒアといい完全にアンコールワットしか印象がなかったカンボジアに謝りたい位、凄い遺跡の連続。

きっと他の国も自分が知らないだけで凄い遺跡や絶景なんていくらでもあるんだろうと思う。

 

帰り際何もしてないくせにチップをくれないーと嘘泣きしてる子供も良い思い出。案の定彼は子供なかせたーといじられることになります。笑

10428924_483140265152061_90498117_n

そのままトゥクトゥクでまた数時間かけて宿へ。

帰ってる最中に道ばたの家を撮ってみました

DSC08852

ここに人がちゃんと生活して彼らの普通の日常なんだよなぁと日本との違いを実感してみたり。

DSC08854

 

この旅、日数の関係上しかたないといえば仕方ないですが遺跡や世界遺産を中心に巡るのみで、あまり現地の人の生活に入っていくようなことはなく、ツアーでもいいからこういう村の生活体験をしてみれば良かったなと若干後悔しました。きっと色んな発見があった気がする。

DSC08857

 

さすがに3カ所回ってクタクタなので舗装されない道でガクガクだけど就寝。

充実した一日でした。

 

さてあとはアンコールワットを残すのみ。

最後の世界遺産。

果たしてどういう結末になるのか…!!

最後までよろしくお願いします^^

〈スポンサードリンク〉


2014-06-18 | Posted in カンボジア, 世界一周No Comments » 

関連記事

Comment





Comment