カジュラホのエロエロ寺院群 ※宿情報あり


本日2回目の更新です。しばらく一日2回更新頑張ります!朝8時、夜8時にしようかな!

ついにこの寺院のことを書く日が来てしまった。笑

本日の記事はエロ注意です。未成年みちゃだめ!笑

エロとか苦手!不潔だわ!!って人も避けましょう。

〈スポンサードリンク〉

バラナシのプジャーを堪能しインドの計画も済んで男二人旅スタートです(前回記事→バラナシプジャー!m9(^Д^)

インドの移動は基本電車。インド広いんで短くても7.8時間の長旅です。今回は十数時間だったかな?

僕らは冷房付きの3段ベッドの列車です。冷房効いてるのは良いんだけどちょっと寒いくらい

DSC07301

 

DSC07300

この電車はあまり人がいなくて快適にすごせました。夕飯も買えます。カレー100ルピー(200円位)

DSC07303

夕方出発で朝に着きました。宿はこちらレイクサイド。湖の前にあるからレイクサイドです。

DSC07368

宿のおっちゃんと雑談してるとカーストの話になったんだけど、おっちゃん曰くカーストが元々低い人達が良い仕事に着くようになってきて(ITとか)高い人が逆にダメになってきてるとか。逆転現象がおきて良くないとかいってたなぁ。やっぱ低い人の方が頑張ったるでーみたいな向上心できるからかですかね。

そんなこと考えながら問題の寺院に到着。ここの遺跡群は西東南に別れていて西だけ有料です。250ルピーなんで500円暗いですかね。

入ると早速どーんとありました。カッコいい!どこがエロ寺院だ!と思うじゃん。

DSC07371

寺院の外壁にはコレでもかとぎっしりと彫像が並んでます。これは…ビシュヌ神だったかな

DSC07378

これはガネーシャ様。どちらもすんごい緻密。

DSC07379

神様以外にもありますよ。これは鏡で顔をチェックしてる女性です。

DSC07382

 

DSC07383

細かいとこもギッシリ…

DSC07380

え、なんか変なとこありました?笑

DSC07388

壊れてますねー絶妙に

DSC07385

…はいアウトですね。完全にやってますねこれ。つまりはこういう寺院なんです。笑

歴史的背景をホントにざっくり適当に説明すると、その昔ここを収めてた王様が国民がみんな出家しちゃって僧になってセックスしなくて人口増えなくなっちゃって、こりゃー国としてヤベーよどうしよって困ったあげくに、そうだエロい寺院つくればムラムラするかも!っていって作ったらしいです。というわけでここには「カマスートラ」というセックス指南的な像などが彫られてるって訳です。

って感じにガイドに言われたんだけど検索すると全然違う事書いてるサイトとかあるんだけどどっちが正解?笑 それとも根本的に俺が英語効き間違えた? それともガイドが適当だったの?笑

わからないですがとりあえず言えるのはこの寺院の像はエロい。

上の写真気づいたでしょうか。左の男。真ん中のカップルをガン見しながら独りプレイをしてますね。

男女の付き合い方指南的な像もありました。例えば…まず出会う(左)仲良くなる(右)

DSC07393

いい雰囲気を作る

DSC07394

合体!!(右の悲しみにくれてる人が気になって仕方ありません)

DSC07395

そして下の写真。人間と像が真面目に彫られてますが…右だけちょっと嬉しそうに脇見してますね。何があるんでしょうか。

DSC07405

こういうことでした…像もお好きですね。

DSC07407

それ…馬じゃないの。。もうなんでもあり…だね。でもその馬の後ろにいるやつに注目。

DSC07427

拡大。

DSC07428

 

めっちゃ見てる。笑

指の間から見てるwwこれ、こんな古代からあったんだなwww

強烈なものを連続で紹介しましたが、、これ少し離れるとね

DSC07403

なんか凄く見えるっていう…ずるい!笑

別の一番デカい寺院に来ました。カッコいいですね。ここにも有名な彫像があります。

DSC07437

 

これ

DSC07442

もうなんか…

インド人すごいっす。敵いませんわ。

しかしここ丁度裏手の左奥から見ると

DSC07453

壮大かつ緻密!!そしてよく見るとエロい!笑

いやーこりゃ凄かったですよ。色んな角度でも撮りました。

DSC07477

 

DSC07446

DSC07468

DSC07490

寺院の中に入ると暇を持て余してる職員が話しかけてきます。

「彼女はいるのか?何人だ?一回で何回位やるんだ?」

…こんな場所で働いてると浸食されるんですかね。写真はセクハラ質問を頑張ってかえす相方。笑

DSC07511

なんかエロそうなにやけ面にしか見えないのは気のせいかな…

DSC07480

この後東の寺院群にも言ったけど西ほど凄くなく小さかったので西だけで十分かもしれないです。

最初ガイドをつけるか迷ったけど紹介したような細かい面白い像を教えてくれるのでケチらず雇った方がいいかも。確か300ルピー位だったと思います。

宿に戻って休憩。何つっても朝着いたばかりですが、ゆっくりすることなく次の日の朝にアーグラに出発しなければいけない。。

ちょと休んで湖を見ながらチャイをいただく

DSC07533

ここカジュラホは寺院群以外特に何もなく、静かな街でうるさくなくゆったりできます。僕らはゆっくり出来ませんが時間がある人は2泊位してもいいんじゃないかな。 寺院も含めておすすめですよ。

さて…どうでしたでしょうかエロ寺院。笑

日本にはまずない非常に面白い場所だと思います。

さてさてそんな濃い場所をまわった次なる目的地は…!!

アーグラ!!

タージマハルがある街!!!

お楽しみに!

〈スポンサードリンク〉

 

■宿情報 

DSC07368

DSC07547

DSC07546

DSC07545

 

レイクサイドホテル

ツインルーム・ファン付きエアコンなしでたしか400ちょっと位だった気がします。違ったらすいません。

室内も割と綺麗で問題なし!おっちゃんも良い人です。僕らの部屋は奥まったとこだったのでwifiが届かなかったですが手前の部屋は中でも使えるはず。屋上もあって夜なんかは涼しくて気持ちいいのでおすすめ。晴れてれば湖に浮かぶ夕日が見れるらしいです。僕は曇りでみれませんでした。

wifi速度は下り1~2MB程度。可もなく不可もなくってくらいでしょうか。

 


2014-06-01 | Posted in インド, 世界一周4 Comments » 

関連記事

コメント4件

 sho | 2014.06.01 20:59

確かにエロ寺院だよ。
記事も面白かった。

だけどさぁ、なんかこう、我々の期待とはベクトルが違うんだよなぁ。

ヌーディストビーチの悲劇再来だよ。

 etoo1202 | 2014.06.02 11:46

我々ってだれですか。笑
エロの字に踊らされるのがダメですw

  | 2014.06.11 22:53

色々語るなら、彼女を泣かせ無い様にしてから。

 etoo1202 | 2014.06.11 22:57

どなたか存じませんが上辺だけわかった風にいうのはやめてほしいです。

Comment





Comment