エスカルゴ(カタツムリ)を食す


インドは町中が動物園です。

野良牛、野良ヤギ、野良羊、野良猿、あと象と馬も歩いてたな。

なんでもありですこの国。

〈スポンサードリンク〉

とんでもない目にあった翌日(前回記事→旅最大の危機。俺の○○の穴の価値は6000円?

頭に包帯を巻きながら何も知らない加害者の弟とあってみた。

正直会うか結構迷ったけど立て替え返金してもらえるかもしれないし、何となく腹の虫が収まらなかったので言ってみた。それに昼だし広い広場だし。

ギリギリまで迷ってたのでちょっと遅れていくと来ないと思ったのか集合場所のちょっと手前で遭遇。

会うなり頭の包帯をみて「どうしたの?!」って驚かれる。

そりゃそうだ昨日会った相手が翌日に頭に包帯してりゃ誰でも驚く。

もちろん昨日起こった全ての経緯を説明してやった。弟は心底驚いた顔でありえない、大丈夫かと心配した後に兄がどこいったか聞いてきた。最後に俺にパリにこれから行くと言ってた事を伝えると呆れた顔でファック!と連呼。

聞くと昨日の夜から家に帰ってきてないらしく母親も含めてキレてるらしい。他の外国人ならまだしも自分が日本人と結婚して家族も居て無関係でないのに日本人に危害を加えるなんてありえないとまたキレる。

彼はゲイなのか聞くとそんな事はないし、お金にも困ってないから奪う意味がわからない、さらには家は実家以外にあるはずがなく、別の家なんてないとのこと…

ただ彼は医者から薬を服用していて絶対酒と一緒に飲んではいけないのに度々酒を飲みながら服用してその度におかしくなって喧嘩吹っかけたりトラブルを起こしてきたらしい。。そして大抵覚えてないと。

あー確かに昨日の発言やら流れやら支離滅裂だったのはそのせいだったのかと少し納得。。お金に関してどうにかならないかと言ったんだけどどうにもならないといわれ(出来るだろと思ったけど)他にも少し話をして別れました。

 

その後はマーケットを少しぶらつく。マラケシュは商店がもの凄く集中して連なっていて何店舗あるのかわからない程お店がある。スパイス屋やお土産物屋、服屋、金物屋、等々もの凄い数があるので買い物好きにはたまらないかもしれません。僕は金ないのでサラッとみて帰りましたけどね。

DSC05839

DSC05835

しかしまぁマラケシュに正直いい印象がないのでさっさと出たい。でもダラダラしてるのは航空券があまり安くなく、さらにエジプトの情勢の件もあって考えあぐねていたから。あーどうしよっかなーいいのないかなーって宿で検索かけてたら…

 

あった!!でも明日の14時45分発。カサブランカからエジプトのカイロが約20,000円!!他の日程より断然安い!

 

これだ!と思ったはいいものの明日の昼過ぎ。間に合うのか。今はもう夜の8時。

マラケシュから空港のあるカサブランカまでバスで6、7時間。バス停から空港まで確か1時間くらいだったはず。

お、いけるんじゃね?と思ったがバスが今夜発のに空きがないと朝発じゃ絶対間に合わない。

バスを調べると幸運な事に深夜発のバスが結構充実してる。ナイスCTM!さすが国営!

即航空券を予約し、急遽その夜マラケシュを発つ事に!!

 

発つ前に腹ごしらえをしにフナ広場へ。タジンばかりでクスクスを食べてなかったので頼んでみました。店員のゴリ押しにいいかとおもってサラダも付ける。

DSC05876

んーー美味しいけど俺はタジンの方が好きかな。

宿に戻ろうとすると面白いモノをみつけた。エスカルゴスープ!!カタツムリを煮たスープです!

DSC05884

なんとなくブログネタとしてこれは食っておかなければという謎の使命感にかられ…買いました。

写真 2014-03-29 22 34 55

おおおおえええええ入りすぎでしょ!!スープ意外に辛い!そして恐る恐る身を食べてみる。皆爪楊枝みたいなモノを使ってほじくりだしてすすって食べてるので習って実食!

写真 2014-03-29 22 37 05

うん。。こりこりしてる。。結構あるけど。。残すのも悪いし全部食べなきゃだよね…

…完食。マラケシュにいく人は食べてみてください。おすすめはしません。

こんなに頑張る必要があったのか疑問に思いながらも宿に戻って

スタッフの兄ちゃんに事情説明してチェックアウト。

 

タクシー乗り場に向かってた途中で、お金が足りるか危ういのでキャッシングの為にATMに寄った

ここで少しだけお金を降ろせれば余裕でモロッコ出国できたはずだったのに。。

最後までやってくれますマラケシュ。。

 

唯一使えるクレカがATMに吸い込まれたまま出てこない。

 

まじどうしよ。。

〈スポンサードリンク〉


2014-05-07 | Posted in モロッコ, 世界一周No Comments » 

関連記事

Comment





Comment