まさかの死と旅で一番豪華だった食事


リアルタイムはスペインです。

映像とブログとリアルが大分開きがあるように見えますが

恐らくヨーロッパ編でかなり追いつく予定です。

ホント何もしない日とかばっかりだったので。。

僕はやはり鑑賞が多い国々より体感が多い国が向いているようです。笑

〈スポンサードリンク〉

200ドルを手に入れ、なんとか生き延びることができそうな予感がした後

そのままみんなで閉園ギリギリですがチャールズダーウィン研究所に行くことになりました。

むかって歩いてると魚市場を発見。

ここは取ってきた魚をそのまま持ってきて捌いて料理して売ってくれます。

DSC02311そしてそのおこぼれを貰おうと様々な動物達が…

DSC02312居すぎだからね…

DSC02362おまえはどこでも寝てるな。

DSC02310寝てると思いきやこいつも魚待ちでした

DSC02418

こんな感じにとってきた魚を料理してくれます。(自分は食べれなかったんですが食べた人はめっちゃ旨かったらしいです。9ドルくらい)

DSC02359 DSC02360さて美味しそうな匂いを後にして研究所に急ぎます。

ここにはピンタ島で唯一生き残ったガラパゴスゾウガメの亜種、
「ロンサムジョージ」という名のゾウガメがいます。
このゾウガメはピンタ島独自の種であり、

純粋なピンタ島の種であるのはジョージのみとされてます。
そう、居ると思ってたんだけどね。

既に死んでました。。

2012年6月に息をひきとったらしい。。

推定100歳だったとか!1世紀生きるって凄いよなぁ。

しかも途中からずっと独りっていうね。。どんな気持ちでしょうね。

ちなみにロンサムジョージというのは孤独のジョージという意味らしいです。

 

でも他のゾウガメはました

DSC02335 DSC02320ゾウガメって意外とアクティブなのね。笑

亀ってホント動かない印象だったけどこいつら結構動いてたよ。

黄色のイグアナも飼育されてました。。

DSC02328チャールズダーウィンは進化論を唱えた人でその着想になったのが

同じガラパゴスゾウガメなのに島によって形態が違うのを発見し着想を得たそうです。

すごい人ダーウィンはこんな感じ。

DSC02343ヒゲすごい。

そして街の中心、港の付近のお洒落レストランは高いので

もう少し安いとこを求めてあるいていくと

DSC02367旨そうな雰囲気!

やはり海産物推しみたいです。

DSC02368200ドルを手にして気が大きくなったのか

ガラパゴス諸島のリゾート感、開放感にやられたのか

それともペルーのペソでの物価感覚が残ってしまっていたのか

やたら豪華にいきました。ドルなのに。

チャーハンに

DSC02388ロブスター!

DSC02378さらにはビールまで

DSC02389みんなで分けて食べましたがまじうまかった!割ったら16ドルくらいだったかな。

今考えると豪華過ぎます。この瞬間に戻りたい。

DSC02392くそ旨かった食事をすまし解散!

宿に戻るとやはりもう一つのベッドに誰か来てました。残念。

次の日はいよいよアシカとの遊泳です!楽しみーーー!

だったんですが。。笑

〈スポンサードリンク〉


関連記事

Comment





Comment