ついにアラバスタ!!…ではなくジョードプル!※宿情報あり


前回の記事で某有名漫画のモデルになった街と書きましたが

その漫画とは…ONE PIECE!

題名にもあるようにアラバスタ編に出てくるアレやアレのモデルになった場所です。

ジョードプル自体砂漠の入り口として栄えた街らしいので尾田先生が参考にしたのかな。

乞うご期待。

〈スポンサードリンク〉

想像以上の美しさのタージマハルを見たかと思えば露出狂の汚物までみたアーグラ(前回記事→世界一美しい霊廟タージマハル

つぎはジョードプルに向かいます。

青の街として知られる場所ですがモロッコのシャウエンよりは青っぽくなかったですね。たまに青いとこあったけど

DSC07759

ここには唯一2泊するので一日目は町歩き、2日目に観光の予定にしました。

ケサー ヘリテージ ゲストハウスというとこに今回は宿泊です。宿についてとりあえずカレーを頼む。キャベツのカレーなんて初めて食べたけど旨い〜〜!

DSC07703

荷物を置いて軽く休んでから街散策。宿から少し歩くとこんな犬が。笑 わかるよ…40度超えてるもんな…

DSC07732

牛も日陰でだらけます。

DSC07872

ジョードプルの街はトゥクトゥクの勧誘もすんごい少ないし、臭くもないしアーグラに比べて全然過ごしやすいw

DSC07724

これはサトウキビジュース屋。ハエが凄いたかってるので飲まなかったけど。

DSC07726

代わりにマンゴージュース!味云々じゃなくてもう冷たいだけで嬉しい。笑 売店のジュースはどこも微妙な温度なんです…

DSC07728

職人さんが多数いる通りに来てみました。

DSC07713

その中でも面白かったのが腕輪職人。このオレンジのゴム?を熱して引き延ばします

DSC07722

DSC07721

更にこのへらを使って丸から四角にしてくっつけて出来上がり。この原型を装飾してくらしいです。

そして!

ワンピースのモデルになったもの第一弾。

DSC07709

時計台!わかりますかね?クロコダイルが爆弾を仕掛けた時計台!

確認したい人は23巻をみましょう

そのまんまではないですが確かにモデルにはなってるっぽいですね。

もう一個有名なのがあるんですがそれはまた明日。引き続き街を散策してると

俺はマフィアだ!ヤクザだ!ズキューーン!!!

…どう反応していいかわからない絡み方をインド人にされる。

こいつですDSC07744

聞くと絵の先生だとか。しかもジョードプルのトリップアドバイザー観光名所ランキングで2位!!

自称インディアンヤクザ凄いね。明日の11時から絵を教えてくれる約束と美味しいカレー屋を聞いて別れました。

教えてくれたカレー屋にGO。5分くらいまっすぐ行ったところだって言われたけど15分はかかったよね。毎度思うけど何分くらいだって言われて妥当だったこと1回もありません。

DSC07735

3種のカレー+ライス+チャパティ+ナン数枚+めっちゃ甘いカステラみたいなのと謎の白い つけ汁で150ルピーだったかな。安い!そして旨かった。300円程度でここまでのセットが食えるのはお得!

DSC07734

飯を食うと結構暗くなってきたので市場を少し見て帰りました。

DSC07742

 

一日歩いたけど他の街のようなウザさと臭さが感じられない!それだけで好きになりました。笑

そして次の日はガッツり観光名所行ってきます。

午前中は自称マフィアに絵を習ってから難攻不落の要塞。メヘランガル要塞に行ってきます!

DSC07739

噂ではこの丘に立ってる要塞の感じもアラバスタの参考にされてるらしいですがこれはどうなのかな…?

ではまた次回

〈スポンサードリンク〉

 

■宿情報  

DSC07870 DSC07867 DSC07869

 

ケサー ヘリテージ ゲストハウス(Kesar Heritage Guest House)

ダブルのファンルームで一泊500ルピー
屋上からメヘランガル要塞も見えたり景色も綺麗。要塞・時計台にも歩いて行けるのでアクセスも良好です。そして何よりここは部屋やホテル全体が綺麗ってのが一番いいかも。シャワー・トイレルームはインドかと疑う程に綺麗&広いです。ご飯も美味しいしスタッフも親切なので文句なしですね。おすすめ宿です。ただちょっとwifiが弱いときがあるくらいかな?スピードは1メガ前後です。


2014-06-03 | Posted in インド, 世界一周No Comments » 

関連記事

Comment





Comment